Documentation

Zend Framework 0.8(日本語) - Zend Framework Migration Notes

Zend Framework 0.8(日本語)

以前のバージョンから Zend Framework 0.8 またはそれ以降に更新する際は、 下記の移行上の注意点に注意すべきです。

Zend_Controller

前回変更された、もっとも基本的な MVC コンポーネントの使用法は、そのまま同じです。

  1. Zend_Controller_Front::run('/path/to/controllers');

しかし、ディレクトリ構造を見直し、いくつかのコンポーネントが削除されました。 また、名前が変更されたり新たに追加されたものもあります。以下にそれらをまとめます。

  • Zend_Controller_Router は削除されました。 かわりに rewrite ルータを使用してください。

  • Zend_Controller_RewriteRouterZend_Controller_Router_Rewrite という名前に変わり、 このフレームワークの標準ルータに格上げされました。 Zend_Controller_Front は、 特に別のルータを指定しない限りこのルータをデフォルトで使用します。

  • rewrite ルータで使用する、新しいルートクラスが追加されました。名前は Zend_Controller_Router_Route_Module です。 これは MVC で使用するデフォルトのルートのほかに、コントローラモジュール をサポートしています。

  • Zend_Controller_Router_StaticRouteZend_Controller_Router_Route_Static という名前に変わりました。

  • Zend_Controller_DispatcherZend_Controller_Dispatcher_Standard という名前に変わりました。

  • Zend_Controller_Action::_forward() の引数が変わりました。 新しいシグネチャは次のとおりです。

    1. final protected function _forward($action,
    2.                                   $controller = null,
    3.                                   $module = null,
    4.                                   array $params = null);

    $action は常に必須です。 コントローラを指定しなかった場合は、 現在のコントローラ内のアクションであるとみなされます。 $controller を指定しなかった場合は、 $module は常に無視されます。 最後に、$params で指定した任意の値が リクエストオブジェクトに追加されます。 コントローラやモジュールは不要だがパラメータは渡したいという場合は、 コントローラやモジュールに NULL を指定します。

Copyright

© 2006-2020 by Zend by Perforce. Made with by awesome contributors.

This website is built using zend-expressive and it runs on PHP 7.

Contacts