Documentation

導入 - Zend_Rest

導入

REST ウェブサービスは、そのサービス固有の XML フォーマットを使用します。 つまり、REST ウェブサービスにアクセスする方法は、そのサービスごとに異なるということです。 REST ウェブサービスは一般に、URL パラメータ (GET データ) やパス情報を用いてデータを要求し、POST データを用いてデータを送信します。

Zend Framework では、クライアント機能とサーバ機能の両方をサポートしています。 両方組み合わせて使用すると、ローカル環境上で仮想的なオブジェクト間のやり取りを体験できます。 サーバコンポーネントは、関数やクラスを意味のある単純な XML 形式で自動的に公開します。このサービスに対してクライアントからアクセスすると、 リモートコールの返すデータを簡単に取得できます。 クライアント側で Zend_Rest_Server ベースのサービス以外と組み合わせて使用する際にも、 簡単にデータにアクセスできます。

Zend_Rest_Server 及び Zend_Rest_Client コンポーネントに加えて、コントローラに REST リクエストをルーティングすることを助けるために Zend_Rest_Route 及び Zend_Rest_Controller クラスが、提供されます。

Copyright

© 2006-2018 by Zend, a Rogue Wave Company. Made with by awesome contributors.

This website is built using zend-expressive and it runs on PHP 7.

Contacts